海外旅行の英語。ホテルとレストランで知らないとわかんないやつ。

海外旅行の英語。ホテルとレストランで知らないとわかんないやつ。

海外旅行なら中学英語でなんとか理解できます。でも知らないとわからないってフレーズがあります。

ロサンゼルス旅行で実際にあった事例を紹介します。ぜひ覚えておきましょう。

『all set』   全部完了!

『オーセッ』

ホテルの支払の最後に聞くことがあります。「全部完了!」という意味です。例えばエクスペディアで予約して事前に支払済みの場合のチェックアウトのシーンで、

『ルームサービス利用しましたか?』→「NO」

『クリーニング出しましたか?』→「NO」

『駐車場は使いましたか?』→「NO」

『支払はないですね。オーセッ(はい完了です)』→「オッケー、ナイスルーム、バーイ」

という感じです。

finishとかthat’s allとかを期待してると、この「オーセッ」を聞き漏らしてしまいます。フロントでポカーンとならないように覚えておくといいですよ。

関連記事:
海外のホテルではチェックイン時にデポジットが必要です。デポジットとは?

 

続いてレストランへ行ってみましょう。
 

『2sides』 サイドディッシュ2種類

発音は『トゥー サイズ』 。”サイドス”ではないので注意。

意味は2つのサイド、つまり2つの『サイドディッシュ』のことです。

音だけ聞くと、『2種類の”サイズ“がある』と誤解すると思います。

 

1)「トゥーサイズ」=「2sides」=「2種類のサイドディッシュ」

2)「トゥーサイジーズ」=「2sizes」=「2種類のサイズ
レストランでステーキを注文するときに役に立ちますよ。

レストランでステーキを注文する

正解例

あなた「リブアイ300グラムをください」

ウェイトレス『リブアイはトゥーサイズありますよ。マッシュ、フレンチフライ、コーン、アンド 、スピナッチ』

(2種類の【サイドディッシュ】を選べますよ、って言ってる)

あなた「じゃ、コーンとスピナッチ(ほうれん草)下さい」

 

・・・・・大正解!

会話が成立しましたよ。

関連記事:
【英語で雑談】海外旅行で現地の人と盛り上がれる英会話例文集。カタコトOK!

 

 

失敗例

失敗すると無限ループになります。

(トゥーサイズを2種類の【サイズ】と誤解した場合)

ウェイトレス『リブアイはトゥーサイズありますよ。マッシュ、フレンチフライ、コーン、アンド 、スピナッチ』

あなた「え?サイズ選べるの?メニューに300グラムって書いてるけど?」

ウェイトレス『はい、トゥーサイズ、選べますよ。』

あなた「えーっと、300グラムでオッケーです。」

ウェイトレス『トゥーサイズどうします?』

あなた「うん?だから300グラムで。。。」

ウェイトレス『300グラムですよね。で、トゥーサイズ選べるの。」

・・・・困っちゃいますよね。

 

おさらい

1)「トゥーサイズ」=「2sides」=2種類のサイドディッシュ

2)「トゥーサイジーズ」=「2sizes」=「2種類のサイズ」
海外旅行楽しみましょう

 

かんたん英語カテゴリの最新記事