ベルサイユ宮殿の楽しみ方。PERでの行き方とかランチとか売店とか。個人旅行で行く年越しパリ。

ベルサイユ宮殿の楽しみ方。PERでの行き方とかランチとか売店とか。個人旅行で行く年越しパリ。

PERでベルサイユ宮殿へ

パリ郊外のベルサイユ宮殿へ向かいます😊

地下鉄メトロ駅バスティーユ(Bastille – Rue Saint-Antoine)から出発です。
PER C線に乗り換えてベルサイユ宮殿左岸駅(Gare de Versailles Château Rive Gauche)で降りる予定です。

ちなみにuber の方が断然早くてラクチンです!

uber だと40分で50€(ユーロ)ぐらいですが、電車だとチケット買ったり乗換駅探したりして1時間半くらいかかってしまいました💦

でもローカルの電車に乗るのも楽しいです😊

バスティーユ駅で切符の買い方が分からず困っていたら駅員さんが教えてくれました。

アルミのモノトーンの味気ない改札のちっこい口に切符を入れて改札を通ります。


乗った路線の治安は特に問題なし。サラリーマンと観光客が多くて安全な感じでした。

一応スリに注意しておきましょう。
リュックを背中に背負った不用心な欧米人、いっぱいいましたけどね💦


Gare d’Austerlitz メトロ駅です。
Bastilleバスティーユ駅から2駅。ここでPER C線に乗り換えます😊


目指すはGare de Versailles Château Rive Gauche ベルサイユ左岸駅です。


写真の通り、治安も良いですし、ゴミも落ちてなくキレイです。安心😊


地下鉄は怖いとか危ないとか言いますが、観光客がいっぱいいるところはまぁ大丈夫かと。普通に気を抜かなければ良いと思います。


心配を煽るようなブログ記事を見ることがありますが、心配し過ぎて海外旅行を敬遠しないでね。
海外旅行、楽しみましょう‼️


こちらはパリ郊外。
華やかさはないですね💦
PERは2階建の列車でした。見通しの良い2階席がオススメです!


1月2日の朝9:00ぐらい。混んでて座れず立ってる人がいっぱいでした。
ドンくさい我が家ですが、今回は上手く座れました😊ラッキー‼️


Gare de Versailles Château Rive Gauche ベルサイユ左岸駅です。
多分、この駅がベルサイユ宮殿に1番近いんじゃないでしょうか。

こういう人がごった返しているときは念のためスリに注意しておきましょう。


駅を出たらこんな雰囲気です。
10分ほど歩くとベルサイユ宮殿です。

ベル薔薇、予習しとけば良かったぁ💦

駅からベルサイユ宮殿を目指します。
6分ほど歩きます。


駅前はおみやげ屋さんがあったのですがそこを過ぎると宮殿の中までおみやげ屋さんはありません。


みんなでゾロゾロと並木道を歩いて行きます。


並木道を過ぎるとバーンと開けます。
この広大な敷地一帯がベルサイユ宮殿です。広い💦


ルイ14世騎馬像を横目にもう少しでエントランスです。

ベルサイユ宮殿の並び方と入場方法

ベルサイユ宮殿の入口まで来ました!

1時間並びました💦

ベルサイユ宮殿入りました



ベルサイユ宮殿入りました😊
10時前から並び始めて、はいったら11時を回ってました💦


ベルサイユ宮殿はパリミュージアムパスが使えません💦
専用の予約パスがあるようでしたが、1月2日なので空いてると思って手配しませんでした。痛い誤算。


朝1番に来れば良いでしょう。
電車の切符買ったり乗継やらで遅くならないように早めの出発がオススメです😊
どこでもそうですね‼️
今回は出遅れてしまいました。


さてと、ランチタイム前なので、混み合う前にご飯にしましょう!


そう言えばアンジェリーナがあったなと😊‼️
急げ急げ❗️


はっ‼️
この絵、なんだっけ?
ルーブルにもあったな?? 💦

まずはランチだ‼️

ベルサイユ宮殿のアンジェリーナは食事するところとカフェで別れてます。

昼から呑んだくれです😊
ベルサイユ宮殿のアンジェリーナで美味しくいただきます。


お店に入る列が二つに分かれてます。
右がカフェ&スイーツ。左がお食事。


案内係の方がなんとなく聞いてくれます
よくわからなかったけど、ランチランチ!って言ったら左に列に並ばされました(笑


昼間っからワインっていいですよねー🍷


あー幸せ~


アンジェリーナ、高いです💦


個人旅行で安く行ったので現地では結構贅沢してます。個人手配オススメですよ😊
っていうかツアーは高くて、貧乏わが家では使えん💦


向かいの外国人のお父さんも頑張ってるんだろうなぁと思うと共感です。
お父さん、頑張ろう😊


パリのレストランは隣の席とめっちゃ近い!
下の写真わかります?
肘が当たりそうな距離感💦
こんな感じのお店は結構多いです。


文化って面白い😊


続いてアンジェリーナと言えばあれ、ですよ、あれ😊

アンジェリーナのランチ

引き続きアンジェリーナ@ベルサイユ宮殿です。
ワインでほっこりしつつランチいただきます😊


パパはラビオリのクリームソース。クリームソースの滑らかさとチーズのカリカリが美味しいです。


ママはチキンサラダ。
チキンとチーズたっぷりです🧀


そう言えばフランスじゃ生野菜サラダってあんまりメニューにないよって聞いたんですがどうなんでしょう?🥗
イタリアだったかな?
未確認情報ですので注意⚠️
ご存知の方コメントお願いします😊


こどもはクラブハウスサンドです。結構なボリュームでお腹いっぱいになるようです😊こどもポテト残してました。
このポテトけっこう美味しいです😊ワインが進みます🍷


ワインも頂いて満足のボリュームでした。
観光スポットのレストランって美味しくなかったりぼったくりな少なさだったりすることが多いですが、アンジェリーナはその点では良心的かと。
しっかりお腹いっぱいになりますよ。


老舗レストランですが店員さんも皆さんフレンドリーで、アジア人差別も感じませんでした。
もちろんですが自分もフレンドリーにしっかり挨拶しましょうね。


さて、アンジェリーナと言ったらアレです!アレ!
(引っ張ってごめんなさい💦)

アンジェリーナならモンブラン!発祥店ですよ

アンジェリーナ@ベルサイユ宮殿です。
アンジェリーナと言えばモンブランです😊


ルーブル美術館にもアンジェリーナがあります。モンブランが有名だってことを知らなかったので、ルーブルではモンブラン『じゃない』ケーキを食べてました💦


ベルサイユ宮殿で特に何も考えずにこのお店に来たら、ランチは左、カフェは右って分けられたんです。
お昼時なのにカフェ人気だったんで、不思議に思ってました。


だいたいこのお店がアンジェリーナってこともわかってなかったんですけどね💦


すると予約されてたらしき、ちょっとお金持ってそうな日本人の「おフランス」ツアー客10人ほどが入ってきました。
ガイドさんが言うには
「ここアンジェリーナはモンブラン発祥のお店なんですよ‼️」


あ、そーなんですかぁ!だったら食べとかないとね😊‼️
ということで来ましたよ!発祥店のモンブランです😊😊😊

 


外側が栗ですが甘さ控え目です。日本の栗と違うようでした栗の風味はあまり感じられなかったです。
ワイン1本空けた後なので、繊細な味はわかりませんけどね😊


中はクリームです。
結構でかいです。


さすがパリのパティシエの作品!きちんと作ってます。アメリカのカップケーキとは違うなと💦🧁


でも一般庶民のわたしの味覚はセブンイレブンのモンブランの方が好みと申しています💦
日本のコンビニスイーツは世界制覇できる‼️



ちなみにこのアンジェリーナの店員さんはみなさんプロな感じでテキパキ応対されていました。
アジア人にも普通に応対されていました。観光客慣れされてる感じで安心です。

アンジェリーナのお値段は?



さて気になるお値段です!


まずランチ。
クラブサンド 23.5€(2,933円)×2
ラビオリ 24€ (2,995円)
シーザーサラダ 23€ (2,870円)


1/2ワイン 18€ (2,246円)
水1リットル 7.5€ (936円)


ここまでで119.5€(14,916円)
なかなかのランチですな💦💦
とりあえず水、高い!!



続いてデザートです。
デザートもしっかり食べまして、


モンブラン 9.3€(1,097円)×3 
ケーキ 8.7€(1,085円)
オランジーナ 6.5€(811円)×2
ダブルエスプレッソ 6.5€ (811円)

デザート合計 7,000円!



ランチとデザート合計でなんと・・・・・ジャジャン!
175€ (21,843円)



食べるの好きなわが家の方針
「もう来ることないから後悔せんようにえーもん食べとこ‼️」


でもアンジェリーナは高かった💦
そして、高い割に記憶に全く残らない味(笑)


まぁベルサイユ宮殿の中の有名店なので仕方ないですかね。
エンゲル係数超アップですよ😊


モンブラン発祥店ですし、せっかくなので食べておきましょう!



お店情報
「Angelina Paris Château de Versailles」
Pavillon, Allée d’Orléans, 78000 Versailles, フランス
定休日 月曜
営業時間 10時から18時
tel +33 1 39 20 08 32


ウェブサイト
http://www.angelina-paris.fr/en/
メニュー
http://angelina-paris.fr/…/ANGE_PAV-ORL_PE18_CARTE-SDT_03-1…

秘密あり!「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」@ベルサイユ宮殿

「ナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠」@ベルサイユ宮殿です😊
ノートルダム大聖堂での一幕で、ナポレオン政権の宣伝的な絵だそうです。


描いた人はジャック=ルイ・ダヴィッド。
2年かけて描いたそうです。
1804年の年末からスタート、1807年の年明け完成。


最初の構図は、ローマから教皇を呼びつけておいて、それを無視するように自分で王冠をかぶっちゃってる絵だったとか👑
権力の誇示する宣伝画なんですね‼️


でもそれだといろんなところから反感買うので、ナポレオン自身の妃を書き足して、彼女に王冠をかぶせようとしてる風に変えたとか。


今で言う「炎上対策」ですね(笑


でもお妃様は40歳オーバーのオバサマ💦
(当時の40歳ってことですよ、現代の40歳は皆さんお若いですよねー、とフォローするのも炎上対策か😊)


話戻って、、、
オバサマじゃ見栄え悪いので、若い女性の容姿でお妃様を描かせたそうで、それも詐称じゃねーのかとツッコミがあったかどうか、どうだったんでしょうね😊


しっかし、なんともウソ800な絵(笑




この絵、すごく大きいんですけど、ルーブルにもあるんですね。


ルーブルの方が本物(オリジナル)だそうで、ベルサイユ宮殿の方が複製。
複製もジャック=ルイ・ダヴィッド本人が描きました。
そして複製は本物との違いを作らないといけないという法律があったそうです。


ということで、この写真の絵は「複製」なのでオリジナルと違いがあります。


さてどこでしょう❓❓🤔


って言ってもルーブルの方の写真がないので、どうしようもないから答え言いますけど(笑


左の方に横並びで女性が5人ほどいますよね?
そのうち1人ピンクのドレス着てる人いますよね?ナポレオンの妹だそうです。


このピンクのドレスがオリジナルとの違いだそうです😊
オリジナルは他の女性と同じグレーの服です。


ルーブル行って確認しよう!
知ったかぶりでウンチクたれよう😊



芸術鑑賞ってよくわからないんですが、作品の背景や裏側って面白いと思います😊

美しい天井@ベルサイユ宮殿

ベルサイユ宮殿の外観です。
装飾がギラギラです😊

意味はよくわかりません!(笑

ゴージャス‼️

とにかく広い!

ここに勤めてるとして、上司に「ちょっと来い」って呼び出されて端から端まで歩かされたら怒ると思う(笑

結構なパワハラやと思う(笑

散歩中です😊

広い!

すみません、天井が好きなもんで💦
さすがベルサイユ宮殿😊

迫力あります!

部屋の名前があるんですが忘れました。というか覚える気がない💦

でも天井キレイ😊

同じような写真でごめんなさい‼️
天井好きなのでお許しください😊

こちらは寝室です。誰の寝室だったかはわからないですが💦

この豪華な装飾、細部まで素晴らしいです💦
こんなにギラギラしてたら寝れない😊

豪華です😊
金色はホンモノの金ですかね???
そんなわけないですよね???


鏡の間

鏡の間です。ベルサイユ宮殿はここ有名です。

人多い💦
年始のバチカンよりはマシですが、人混みは疲れますね💦

あいかわらずのベルサイユ宮殿です😊
まだまだ続きますよ!


ベルサイユ宮殿の中にはたくさんの紋様があります。
ステキな形なので紙に書いて練習しようと思ったんですが、その時だけでしたね💦

もうしばらくお付き合い下さい。
ベルサイユ宮殿の天井です😊


絵のない天井ですが、ホワイトとゴールドでシンプルに気品ある感じです。

優しい太陽光も和みます😊

いよいよ終盤。

ベルサイユ宮殿美しい😊

ネプチューンの泉攻略!

ずーっと向こうまでベルサイユ宮殿の庭園だそうです💦
歩き疲れたので近くを散策です。


庭木はしっかりと手入れされていてエッジが立ってます😊


ネプチューンの泉の彫刻を眺めつつ出口へ向かいます。
お疲れ様でした!