パリのノートルダム大聖堂の塔をアプリで予約する方法とか中の様子とか混雑具合とか。

パリのノートルダム大聖堂の塔をアプリで予約する方法とか中の様子とか混雑具合とか。

ノートルダム大聖堂のキメラ

ノートルダム大聖堂までバスティーユ広場近くから歩いてきました。
20分ほど。
街並みが綺麗で散策楽しいです😊

ノートルダム大聖堂の上にはキメラがいます。
後日、塔に登るのでお楽しみ😊

怪物などをかたどった彫刻で、雨どいの役目をするのをガーゴイルって言うんですってね。で、ノートルダム大聖堂のは雨どいの役目は無いようで、単なる彫刻なのでシメールとかキメラとかグロテスクって呼ぶそうです。

あ、もちろんウィキペディア情報です💦

ノートルダム大聖堂のバラ窓とセーヌ川

ノートルダム大聖堂のバラ窓も有名。
火事で大変なことになってましたね・・・。

我が家は運よく火事の前に見ることができました。

バラ窓とはステンドグラスで作られた円形の窓のことです。
またまたウィキペディア情報😊

ノートルダム大聖堂の横は遊歩道になっていて、セーヌ川を眺めることができます🤗

ここがノートルダム大聖堂の塔の入り口

今このノートルダム大聖堂の、向かって左側の中です😊
ぐるぐる階段を登ってます。

塔の上のキメラを観に行きます😊
画像を拡大するとちっこいけど写ってます。

アプリで予約した時間に間に合うように2枚目の写真の奥で列に並びましょう😊ノートルダム大聖堂の向かって左側面に列があります。

列に並ぶときは、アプリの画面をチラッチラッと係(らしい)の人に見せて確認しておきましょう。
並んだはいいが違う列だった、ってことにならないように💦

けっこう高い!
隣と比べると10階くらいはあるんじゃないでしょうか?

筋肉痛コース。

アプリ予約必須のノートルダム大聖堂の塔

登ってますよ!
ノートルダム大聖堂の塔、いよいよ登り始めました😊

「Duck the line」というアプリで予約を取らなくてはいけません。

日によって違うでしょうが、大晦日の予約は大争奪戦でした。ピアでライブチケットを取るのに電話かけまくったのを思い出しました(古💦)

最新情報は確認してください。

大晦日は当日朝7:30予約開始のようで、7:35ぐらいにはすでに14:00以降の予約しか選べず💦
やばっと思ってすぐにポチッとして14:15のチケットをゲットしました

そして8:00にはsoldoutになってました。やばかった💦

現地でも整理券が取れるそうなんですが、見てないのでよくわかりません。普段はもっと空いているかもしれませんが、年末年始は注意です💦
アプリで予約ならとにかく朝一で‼️

この階段、結構しんどいです😊
段多いし目回るし💦

どれぐらいしんどいかと言うと、ヴェッキオ宮殿の塔よりしんどいです(わかんねー)

とは言ってもゆっくり登れば息は上がらないですし汗もかきませんでしたので心配無用。手すりが付いてますので安全です。

15分毎に区切っているのでかなりゆっくり登っても大丈夫なようでした。

ノートルダムの塔限定おみやげ屋さん攻略!

ノートルダム大聖堂の塔の中です😊
3階ぐらい登ったとこでチケットカウンター件おみやげ屋さんに通されます。

パリミュージアムパスを持っている人は無料で入場券をもらえます。
みんなと一緒に写真左のカウンターまで進んで、水戸黄門ばりにパスを見せると良いです😊

先行のグループが屋上からはけるのを待ってるようで、ここで10分近く待ちました。
その間におみやげ買いまくりましょう!!!

このおみやげスペースには戻ってきませんよ!
ここでしか買えないものがあるかどうかはリサーチしてないですが、面倒なのでここでしっかり買うのがいとよろし😌

我が家は、またこの先にもおみやげ屋さんがあると思って買わずじまい。
買っとけばよかったーーー😭

おみやげ大事!

それ、ガーゴイルじゃないですよ!

ノートルダム大聖堂の塔の上まで来ました😊
有名なキメラ(ガーゴイル)です!
視線の先にはエッフェル塔があります。

キメラは何を思ってるんでしょうね?

なんの映画でしたっけ?
この構図、地球滅亡系の映画で見たことあるような??

ちなみにノートルダムにはガーゴイルもいるんですが、実はこの像はガーゴイルじゃない!

ガーゴイル(英: gargoyle)は、雨樋の機能をもつ、怪物などをかたどった彫刻である。単なる雨樋単体や彫刻単体ではガーゴイルとは呼ばない。本来の意味である彫刻としてのガーゴイルは、主として西洋建築の屋根に設置され、雨樋から流れてくる水の排出口としての機能を持つ。
だそうです、ウィキペディア大先生😊

ノートルダム大聖堂には、鐘塔の基部の欄干からパリ市街を睥睨するように据えられた悪魔のような像があるが、この怪物像は雨樋の用を成しておらず、シメールあるいはグロテスクと呼ばれている。
だそうです。

あれ?シメール?グロテスク?💦
キメラじゃないのか💦

じゃガーゴイルでいいか。
なんかカッコいいし😊

ゆっくり見れます。ノートルダム大聖堂の塔からパリの街並みをのぞみます。

ノートルダム大聖堂には沢山のガーゴイルがいます。

みんな独特の雰囲気があります😊

このガーゴイルが見られるところはけっこう狭くて、しかも金網があるので、写真撮るのにけっこう順番待ちします。

余裕を持った時間設定になっているようで、のんびりゆっくり写真撮ってても、時間調整で待たされました。

なので焦らず楽しみましょう😊

バラ窓みる列はこちら。早く復旧してほしい!

ノートルダム大聖堂のてっぺんです😊
金網あるので高所恐怖症でも平気です。

下の写真。
人の列は大聖堂に入る列です。塔に昇る列ではありませんよ。

大聖堂は現在火事で復旧中。我が家は火事前に訪問したのに、塔は昇ったけど大聖堂には入りませんでした。。。入っておけばよかった💦

塔に登る場合、Duck the lineで予約したら、大聖堂に向かって左側面の列に並びましょう。

バラ窓を見たい場合はこの写真の列に並びます😊

3枚目、4枚目、壁から獣の顔した雨樋(とい)がズボッと出てますよね。これが、ガーゴイルです💦