ルーブル美術館の優先入場方法やカフェ情報や混雑具合など。ミュージアムパスを日本で買う方法も。

ルーブル美術館の優先入場方法やカフェ情報や混雑具合など。ミュージアムパスを日本で買う方法も。

ルーブルはパリ ミュージアム パスで優先入場しましょう

ルーブル美術館来ました😊
12月31日朝です。

有名なルーブルのピラミッドです😊



ルーブル美術館にはミロのビーナスとかモナリザとかサモトラケのニケとか、美術の教科書での有名どころがたくさん。
なので、スタンプラリーのごとくサクサクと周る予定😊


振り向くとカルーゼル凱旋門があります。
パリ市内にある凱旋門のうち、こっちはちっこい方。



有名なでっかい凱旋門はシャンゼリゼ通りのエトワール凱旋門です。
黄色いベストの人たちが暴動で騒いでたやつです💦
2018年大晦日12月31日は暴動はありませんでした。

公式ウェブサイト
日本語です。
https://www.louvre.fr/jp

パリ ミュージアム パスが使えて優先入場できます。
日本で購入して持っていくのが便利です。
公式ウェブサイト
http://www.parismuseumpass-japon.com

地球の歩き方(6日券あり)
https://parts.arukikata.com/france/parismuseumpass/


いずれも自宅へ宅配されます。出発前に余裕をもって購入しましょう。
届いたら利用開始日を自分で書きます。

最大の注意は、有効期限があることです。
パリで年越しするのに、有効期限が年末までのパリ ミュージアム パスを買わないように注意しましょう!
有効期限はウェブサイトに記載されていますので必ず確認しましょう😊

ルーブル美術館のセキュリティーチェック

ルーブル美術館はピラミッドから入ります。
(他にも入口あり)

パリミュージアムパスで優先入場ですが20分ぐらい並びました。
セキュリティチェックで時間がかかります💦


ポケットの中出せ、はいはい。
コート脱げ、はいはい。
金属探知機鳴る(腕時計?)→はい行っていいよ?
え?鳴ってますけど??「アリガトゴザイマス」


アメリカや日本と比べると厳格さはないですね。

ピラミッドの下がエントランスホールになってます。


インフォメーションでパンフレットをもらいましょう😊

サモトラケのニケ攻略

サモトラケのニケ

ギリシャのサモトラケ島で発掘された女神ニケの彫像です😊

紀元前200年頃に造られたそうです。
優美でダイナミック!
っと、ウィキペディアに書いてました☺️

『レースを編む女』フェルメール攻略!

『レースを編む女』フェルメール。

この絵、めっちゃ ちっちゃいんです💦
20cm角ぐらい。
もっとでっかいと思ってたのでなかなか視界に入らず、けっこう探しました💦


フェルメールってレンズのような特殊な機械を使って描いてるとかで、奥行きとか精緻さとかでよく話題になります。
フェルメールのヒミツ、みたいな。


中央に視線が集中するように、壁は白、周囲はシンプルに仕上げています。
あ、もちろんウィキペディア情報でございます😊


ニューヨークのメトロポリタン美術館にも展示されてました。っとニューヨークも行ったことあるぞと匂わせておきましょう☺️
旅行はいいよね✈️

乳首をつまむ妹攻略!

これ何ですかね💦
乳首をつまむ妹。。。
「ガブリエル・デストレとその妹」
姉、つままれちゃったのか。。。


『謎多き絵』だそうですが、謎というより「おふざけが過ぎちゃった絵」じゃ💦

アンジェリーナ@ルーブル攻略!

ルーブル美術館内の「カフェ リシュリュー」(Café Richelieu)でお茶します。
有名なケーキ屋さん「アンジェリーナ」(Angelina)のケーキを味わえます。
http://www.angelina-paris.fr/en/

美術館内の喫茶店って素敵です。ピラミッドが見えてカッコいい!

このアンジェリーナはモンブランの発祥店だそうです。知らなかったので違うケーキ食べちゃいました🍰

わが家は11時に入ったので何も言われなかったですが、11:30に席に着いたとなりのカップルは、食事メニューを頼まないのならご遠慮くださいってやや横柄な店員に追い出されてました💦

席に着く前に言ってやれよ💦

後で調べたらこのお店で同じ経験をされた方がいました。今回追い出されたのは西洋人でした。アジア人差別ではないようですね。ちょっと安心☺️

こちらは高級喫茶店 サロン ド テ (salon de thé)です。ドレスコードとかないですがお値段高め。

コーヒー 5.40€ 700円
チョコラテ7.5€ 1,000円
ケーキ9€ 1,200円

4人で8千円ってとこですね💦

パリでは「すみませーん」って店員を呼ぶのはマナー違反らしいです。ま、カッコよくはないですよね。
だいたい店員さんはいいタイミングで聞きに来てくれますが、「メニューを閉じてテーブルに置く」が合図だそうです。周りを見ても確かにそんな感じでした。

カジュアルな喫茶店は「パン屋さん」(ブーランジェリー boulangerie)か「カフェ」(café)か「ブラッセリー」(brasserie)です。パリでカフェやブラッセリーというとカジュアルレストランを指すようです。テレビや映画でよく見る街角のテラスでお茶してるのはブラッセリーですね。

日本でいうレストランや料理店や居酒屋はビストロで、ちょい高級になるとレストランテ。

Googleマップを見るときの参考にしてください。看板はレストランテって書いてあるので高級かな?って思っても、実際のお店は超気さくでカジュアルなお店ってこともあります。

パリの方は気さくな人が多い!意外でした😊

モナリザ攻略!

ルーブル美術館のメインはこれ!
って人混みで見えん!!💦


「モナリザ」レオナルド ダ ヴィンチです。


もちょっと展示を工夫してよー💦


12月31日14:00ぐらいの状況です。人の多さにひるんでしまいました。。。



徐々に徐々に近づいていきます。


でもガラスケースに入っていて反射して見えん💦
遠くて分からん!💦💦
そして暑い!鬱陶しい!(笑

ちっこ!!(汗

朝一を狙いましょう。

ドラクロア作「民衆を導く自由の女神」攻略!

こちらも人だかり💦
そしてモナリザと同じ部屋💦

ドラクロア作「民衆を導く自由の女神」。フランス7月革命を描いたものだそうです😊

これも教科書で見た!

ミロのヴィーナス攻略!

ミロのヴィーナスです😊有名!

これも腕がないのがいいんでしょうね。

顔はドリューバリモア??
似てる?

自由の女神像の顔もこんな感じじゃ?

ミロのヴィーナスはギリシア神話における女神アプロディーテーの像と考えられている。高さは203cm。材質は大理石。発見時は碑文が刻まれた台座があったが、ルーヴル美術館に持ち込まれた際に紛失している。
紀元前100年頃の作品

https://ja.wikipedia.org/wiki/ミロのヴィーナス


だそうです。
おなじみウィキペディア先生情報😊

発見時は碑文が刻まれた台座があったが、ルーヴル美術館に持ち込まれた際に紛失している。

なくすなー💦

ミロのヴィーナスは、1820年4月8日に小作農であったヨルゴス・ケントロタス(Yorgos Kentrotas)によってオスマン帝国統治下のエーゲ海にあるミロス島で発見された。彼は最初、官吏に見つからぬようにヴィーナス像を隠していたが、トルコ人の官吏に発見され没収された。

ミロはミロス島のことなんだね。

強い子のミロではない💦

エビフ・イルの像攻略!

これ、なんでしょ💦

今回行った時、ルーブル美術館のイチオシだったみたいで、いろんな宣伝に登場してたんですが、これなんなんでしょうね?

そしてちっさい(笑

これまた大きいと思って探してたのでなかなか見つけられませんでした。

ウィキペディアによりますと
「エビフ・イルの像」だそうです。

エビフ・イルの像は、東部シリアに位置する古代の都市国家マリの代官エビフ・イルが祈りを捧げる姿を模った像。
マリのイシュタル神殿の発掘中に発見され、紀元前25世紀のものと考えられているそうです。


像を所蔵するルーブル美術館のアイスリン・クレアは「仕上げの質感、保存状態、また表現力に富んだ様式からして、代官エビ・イルの像は明らかに卓越した傑作である。」と評している、だそうです。


目が怖い💦

【パリ家族旅行術#27】ハムラビ法典攻略!

これ何かわかる人!

ルーブル美術館内、探しましたよー、それは「本」だと思ってました💦
「本」だと思ってたら石柱でした。

そりゃ見つからないわ(笑

これ、ハムラビ法典(ハンムラビ法典)です!!!

「目には目を」歴史で習いましたよね😊なんとこんな石柱でした💦
本じゃない!!石柱!💦

紀元前1792年から1750年にバビロニアを統治したハンムラビ(ハムラビ)王が発布した法典。

だそうです、ウィキペディア先生のご助言。

現代では、「やられたらやりかえせ」の意味で使われたり、復讐を認める野蛮な規定の典型と解されたりすることが一般的であるが、「倍返しのような過剰な報復を禁じ、同等の懲罰にとどめて報復合戦の拡大を防ぐ」すなわち、あらかじめ犯罪に対応する刑罰の限界を定めること(罪刑法定主義)がこの条文の本来の趣旨であり、刑法学においても近代刑法への歴史的に重要な規定とされている。

と、これまたウィキペディア先生は教えてくれました☺️

てなことで、
うちの子はハンムラビ法典が石柱だということを知ってるインテリ子です(笑

ゲームもいいけど、しっかり活かせよー!💦

エロと暴力と私

私的彫刻の見どころは「薄造り」!
服の裾に注目!😊😊😊

絨毯か!というほどの分厚いのもあれば、風を感じるふわふわ軽かるのペラペラなものも。
筋肉美とか動きの描写もありますが、ペラペラ鑑賞が楽しいかも。

あと面白いのはオネェモデル。

背中のラインが綺麗な女性だなーって思って前に回るとチンチンあり(笑

結構あります😊

でも一番の鑑賞ポイントはやはりエロと暴力ですかね💦

なぜか裸で殴り合い💦
なぜか裸で奪い合い💦

セクシー&バイオレンスっ!!

奥の緑のヤツ、殴ってますよね!?💦

大晦日のセーヌ川

大晦日のセーヌ川です😊
ルーブル美術館の裏手を流れています。

水上バスがたくさん。
手を振ると振り返してくれる人多し。
なんか嬉しくなります😊

なんだか通じ合った感じがするからでしょうかね?

       パリカテゴリのオススメ