股擦れ防止オススメ2トップ 海外旅行の歩き方

股擦れ防止オススメ2トップ 海外旅行の歩き方


股擦れ、痛いですよね。
海外旅行に行くと歩く距離が普段よりも多くなり、股擦れになりやすいです。

スタイルのいい方には関係ない話ですが、ぽっちゃりさんは股擦れ対策しないと内ももが痛くて歩けなくなってしまいます。

初めての海外旅行で股擦れに悩まされた経験から、効果があったアイテムを紹介します。

どうして股擦れになるの?

どうして股擦れになるのか?
それは内股の皮膚が擦れるからです(そのままですが)。

内股どうしが擦れ合う場合と、内股とズボンが擦れ合う場合があります。
どちらにしても、汗で摩擦が多くなると股擦れになりやすいです。

股擦れにならないためには

当たり前ですが、①内股の肌が擦れないようにするか、②擦れるときの摩擦を減らすかです。

①内股の肌が擦れないようにする

擦れないようにするには内股の間に隙間を作ることです。つまり・・・痩せること(汗)。と言うのはすぐにはできませんし、痩せていても内股が擦れる方がいます。
なので、スパッツやスリムなロングボクサーパンツのような太ももまで長さがあり、ピッチリと太ももにフィットしたものをはくのが良いです。

大事なことは、「太ももどうしが擦れても、スパッツと太ももは密着して擦れない」と言うことです。

スパッツはさらっとしたナイロン系のもので、スパッツどうしが擦れたときは摩擦なくさらっと滑って、それでいて太ももにはぴったりとフィットして動かない、というものが良いでしょう。

②擦れるときの摩擦を減らす

軽い股擦れ程度なら、内ももに潤滑剤を塗るのがいいです。具体的にはワセリンがオススメです。ワセリンは手荒れにも使いますので、内股に塗っても荒れるという方はほとんどいないでしょう。匂いもありませんので手軽に使用できると思います。
歩いているうちにとれてくるので、休憩のたびにつけるようにしましょう。
また薄く塗っているとすぐ取れたり、逆に太ももどうしが密着して摩擦してしまうので、たっぷり塗るのがいいでしょう。

①と②の合わせ技でさらに安心

①のスパッツやロングボクサーパンツと、②ワセリンとを合わせて使うことでさらに安心です。

旅行前に必ず試しておきましょう

旅行前に必ず試しておきましょう。

肌に触れるものですし、かなりの距離を歩くことになるのでしょうから、海外に行ってから失敗した!ということにならないよう必ず事前に試しておきましょう。
スパッツやロングボクサーパンツはいろんなメーカーが出していますので、いくつか試すのがいいでしょう。生地の種類や厚み、通気性、履き心地など、自分にマッチしたものを見つけましょう。

ものによっては涼しいはき心地のものもあれば、蒸れて暑く不快になるものもあります。

股擦れ防止アイテム紹介

これまでの経験からオススメを紹介します。

わが家は海外旅行では多いときで1日に2万歩を歩きます。それが5日間は続きますので全部で10万歩。
赤道直下のシンガポールや蒸し暑い香港を10万歩歩いても股擦れしなかったオススメ商品です。

ロングボクサーパンツ

【PREMIUMロングボクサーパンツ】

ここ数年、愛用しているロングボクサーパンツです。

材質はナイロンです。
吸水性、速乾性がいいので、はいた瞬間ヒンヤリします。履いている方が涼しいと感じるくらいです。

いくつか履き比べてこのロングボクサーパンツに落ち着きました。
もちろん股擦れはなし!夏場、3シーズンはきましたが破れたりしていません。このボクサーパンツのおかげで股擦れせずにガンガン歩くことができています。海外旅行が楽しいです。

デメリットとしては、ウエストのゴム部分が少し蒸れて痒くなることですが、どのボクサーパンツでも同じだと思います。
トイレに行ったときなどに、少しずらすことで蒸れを防止できます。股擦れの痛さに比べれば全く問題ないです。

ナイロン素材で表面がさらっとしているので、ズボンも張り付かず快適です。
 

ワセリン

滑りをよくするワセリンです。

【ヴァセリン】
よくドラッグストアにおいてある定番商品です。
冬場の手荒れに塗るハンドクリームとして有名ですが、股擦れにも効果があります。

たっぷり塗って内腿を滑らせて、股ずれを防止しましょう。
 

股擦れには逆効果、効果なし、やってはいけないこと

効果がありそうに思えるのですが、逆効果なものがあります。実際にやってみてひどい目にあったものもあります。ぜひ参考にしてください。くれぐれもやらないように!

絆創膏

これが一番最悪です。
ボクサーパンツと同じ効果を期待して、小さい絆創膏を複数うちももに貼り一日歩きました。会社のイベントの責任者をやった際、会場を歩き回らないといけなかったので、絆創膏で股擦れ防止を期待しました。

結果、普通に酷い股擦れ。

そして帰宅後、貼り付いた絆創膏を剥がさなくてはなりません。

酷い股擦れで皮膚が柔らかくなっているところを、思い切って絆創膏をベリッと剥がしました。惨状はご想像にお任せしますが、痛みで大声あげました・・・。

絆創膏やテーピングは厳禁です!

ゆるゆるパンツ

風通しを良くして汗をかかないようにすれば肌がさらっとして擦れても引っかからないような気がします。
しかし実際歩いてみると結局汗をかいてしまって股擦れになってしまうことが多いです。普段あまり歩かない方で股擦れが気になる方は、ゆるゆるパンツはやめておいた方が良いでしょう。

内またが擦れないように、ずっとガニ股で歩くなら効果あるかもしれません。

ステテコ

ロングボクサーパンツと違い、ステテコは肌との密着がなく、歩くとステテコと肌とが擦れるので股擦れ防止には向かないようです。しかもちょうど股擦れする股間近くに空間があり肌に密着していないので、一番守りたいところがけっきょく肌と肌が接触して股擦れしてしまうことが多いです。

股擦れする部位にちょうどステテコ生地が当たる人なら効果があるかもしれませんが期待薄です。

また、旅行先でハーフパンツを着用すると、ステテコは少し長いのでハーフパンツの裾から見えてしまいます。その点、ロングボクサーパンツはハーフパンツからは見えない長さですので、カッコよさからもステテコはお勧めではないです。

股擦れ防止のまとめ

  • オススメは、ロングボクサーパンツとワセリン。
  • 自分にあったものを探しましょう。
  • 必ず旅行前にしっかりと試しましょう。
  • 絆創膏、ゆるゆるパンツ、ステテコは効果なし。
  • 特に絆創膏は危険です。逆効果。厳禁です。
  • 海外旅行楽しみましょう!

    個人手配カテゴリの最新記事