家族全員まとめて入国審査を受けられます。「1人ずつ」じゃない!

家族全員まとめて入国審査を受けられます。「1人ずつ」じゃない!
パスポート 入国審査

海外旅行に慣れていない方にとっては入国審査はちょっとしたテスト感がありますよね。英会話の教材でもよく使われるシチュエーションです。

入国審査は「1人ずつ」といろんなところで書かれていますが、家族の場合も1人ずつ入国審査を受けないといけないのでしょうか?

関連記事:
海外でニンテンドー3DSを充電するには「海外用のACアダプター」が必要ですよ
ロサンゼルス空港

ちなみに、イミグレとかイミグレーションっていうのは入国審査や出国審査と同じ意味です。

家族全員で入国審査を受けましょう

家族旅行の場合、「家族全員で」いっしょに入国審査を受けてOKです。

我が家は4人家族ですが、毎回4人一度にブースへ向かいます。

4人分のパスポートと搭乗券や入国カードなどを審査官に渡します。
写真や指紋など、審査官に促されたら指示に従いましょう。

これまでのわが家の実績は

シンガポール、香港、ケアンズ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ローマ、トロント、ニューヨーク、パリ、ロンドン

です。

つまり、4人家族なら家族全員で審査を受けるのが普通なんでしょうね。安心しましたね🙂

一度だけNGでした

家族4人で入国審査のブースに行ったら一度だけ止められたことがあります。

2019年1月1日、ユーロスターでパリ北駅からロンドンのセント・パンクラス駅へ向かうとき、パリ北駅の出国審査のことです。
いつも通り家族4人全員でブースへ歩いて行ったら、「二人ずつどうぞ」というジェスチャーをされました。

出国審査なので特に何も聞かれずポンポンとハンコ押しただけだったと思います。ユーロスターでパスポートに押してもらうハンコって汽車のイラストなんですよ!なんか嬉しい😃

さてもう一つ心配、家族の場合、入国審査ではどんなことを聞かれるのでしょう?見ていきましょう。
 

入国審査での質問内容は?

ご安心ください。
大抵、無言のまま審査されます。
家族だからといって特別なことはありませんよ。

審査官からすると、家族なら多分観光だろうし、宿泊先や滞在期間は入国カードに書いてあるし、聞くことは特にないのでしょう。

不審に思われると面倒なので、最初に「ハーイ」とか「グッモーニン」とか言って、愛想よい旅行者の雰囲気を出しておく方が良さそうです。

挨拶しても、たいてい審査官は無言ですが・・・。

審査中は静かに指示に従いましょう。

たまに、「ファミリー トリップ?」とか「バケイション?」とフレンドリーに聞かれることもあります。「イェス」とか「ヤー」とか言いましょう。

子供が小さかったら「おープリティ!」とか言われる場合も。

そして審査が終わったら、「サンキュー」で締めくくりましょう。
しかも現地の言葉がグッドです!パリならメルシー!

やっぱり例外も

例外もありました。ユーロスター。

こちらも2019年1月1日、ユーロスターでパリ北駅からロンドンのセント・パンクラス駅へ向かうとき、パリ北駅の【入国審査】のことです。
日帰りでロンドン観光に向かうところです。

パリの駅で、イギリスの入国審査を受けるんです。

フランスの出国審査のブースを抜けたらすぐにイギリスの入国審査のブースがあります。

聞かれたのは

1)どこ行くの?
    →ロンドンです。
2)期間は?
    →daytrip(日帰り)です。
(パリ-ロンドン間は2時間ほどなので、日帰り旅行可能です。)
3)いつ日本に帰るの?
    →お?え?日本??パリじゃなくって?!
     えーっと1月4日です!

私、英語が苦手なのと、日帰りでパリに帰る予定なのに日本に帰る日を聞かれたことでちょっとパニクってしまいました(汗


日本語交じりで「えーっとえーっと、ジャ、ジャ、ジャヌアリー、ふフォース!」。
女性の審査官だったのですが、頑張って答えているのが伝わったのか、「オッケーパーフェクト!」てな感じで褒めて(?)くれました😅

審査官と会話した記憶はこれだけです。

まとめ

・入国審査は家族全員、いっしょに受けましょう。

・たいてい審査官は無言です

・念のため、「観光、ホテル名、滞在期間」ぐらいはメモしておきましょう。聞かれたら英語で言えるようにしておきましょう。

海外旅行楽しみましょう!

↓↓↓下の方に便利グッズ紹介しています。個人旅行にお役立ち!

(ないと死ぬわー(娘談))

       個人旅行・自由旅行カテゴリのオススメ