海外旅行の保険?我が家はクレジットカード付帯の保険だけです!

海外旅行の保険?我が家はクレジットカード付帯の保険だけです!

海外旅行の保険はクレジットカード付帯の保険でいいの?
 
わが家はクレジットカード付帯の保険だけです。
日本は不安をあおるCM多すぎ!それを真に受ける日本人多すぎ!
心配しすぎず冷静に判断しましょう。

海外旅行保険はクレジットカード付帯の保険のみでいいんでしょうか?

海外旅行に行くということは、きっとクレジットカードをお持ちですよね。
できればクレジットカード付帯の保険でまかないたいところです。

海外旅行保険はクレジット付帯の保険のみでいいんでしょうか?

契約内容海外旅行の行き先によって異なりますし、自分の健康状態でも変わりますよね。
どんなリスクがあってどんな安心が買えるのか、契約内容と補償内容を知る必要があります。

保険会社の不安をあおる広告宣伝に惑わされず自分に合う海外旅行保険を見つけられるように、まずはクレジットカード付帯保険について学びましょう。
 
 

自動付帯か利用付帯か、把握してますか?

[ad]
 
持ってるだけで保険適用になるのが【自動付帯】
飛行機代やホテル代などにカードを利用すると適用になるのが【利用付帯】です。

自動付帯のカードがいいですよね。
自動付帯のカードを複数枚持っておくと安心です。
 
 

【自動】付帯のクレジットカードの例

自動付帯のクレジットカードの例を挙げると
 ・アメリカンエキスプレスカード
  (ゴールド)

 ・楽天ブラックカード
 ・楽天プレミアムカード
 ・JALカード
などです。
(アメリカンエクスプレスカード(ゴールド)と楽天プレミアムカードは自動付帯の場合、保険金額は減額される)

「自動付帯」はカード会社の宣伝として有利なので、
わかりやすく「自動付帯」とか「チケットなどを購入しなくても適用されます」とか書いてあります。
 
 

【利用】付帯のクレジットカードの例

利用付帯というのは、航空券やホテルの支払いをそのクレジットカードでした場合のみ保険が適用になるタイプです。

「航空券」を支払った場合のみ適用とか、「空港までの電車代」を支払っただけでも適用とか、カードによって異なります。しかもたいてい小さく欄外に書いてあるので注意して確認する必要があります。

利用付帯のクレジットカードの例を挙げると
 ・楽天カード
  (普通カード、ゴールドカード)

 ・アメリカンエキスプレスカード
  (グリーン)

などなど。
 
一般的なカードは普通「利用付帯」です。

付帯についてまとめると

基本的にクレジットカードに付帯する海外旅行保険は利用付帯と考えた方がいいです。
 
嬉しい自動付帯は、JALカードのような旅行を売りにしているカードやプレミアムカードやゴールドカードの一部だけと思っておきましょう。
 
さて、そのクレジットカード付帯の保険、ご家族も適用範囲ですか?
続けてみていきましょう
 

海外旅行保険の家族も適用範囲ですか?

 
自分だけでなく、家族も適用範囲になっていないと困りますよね。
家族は適用外というのもありますので注意しましょう。

さらに家族OKであっても、家族とはどこまでか、家族への保険金額は本人と異なるのか、というところを確認する必要があります。

同居の家族のみだったり、家族への保険金額は減額されているとか、しっかり確認しておきましょう。

 

1)家族も適用範囲となっているカードの例

「配属者とカード会員と生計を共にする親族」と言うのが一般的です。

 ・アメリカンエキスプレスカード
   (グリーン、ゴールド)

 ・楽天ブラックカード

です。

家族も適用範囲となっている場合、補償内容をしっかり確認しましょう。本人よりも減額されていることが多いです。
保険金額は後述します。

2)本人のみで、家族は適用外のカードの例

 ・JALカード
 ・楽天カード
   (普通カード、ゴールド、プレミアム)

です。

 
 

保険金額はどれくらい?

保険金額はどのくらい?
 
海外旅行保険の保険金額を見てみましょう。

 

<1>まずは家族も適用となるカードの例

1)アメリカンエキスプレスカード(グリーン)

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人5,000万円 、家族1,000万円
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人100万円 、家族100万円

2)アメリカンエキスプレスカード(ゴールド)

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人1億円  、家族1,000万円
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人300万円 、家族200万円
 (※利用付帯の場合)

3)楽天ブラックカード

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人1億円  、家族1,000万円
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人300万円 、家族100万円

<2>本人のみ適用となるカードの例

1)楽天カード(普通)

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人2,000万円 、家族 なし
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人200万円 、家族 なし

1)楽天カード(プレミアム)

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人5,000万円 、家族 なし
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人300万円 、家族 なし
 (※利用付帯の場合)

1)JALカード

 ・傷害死亡と後遺障害  
    →本人1,000万円 、家族 なし
 ・傷害治療と疾病治療  
    →本人 なし 、家族 なし

クレジットカード会社の会員規約のページへのリンク

会員規約のページへのリンクを掲載しておきます。
詳細最新情報はこちらで確認しましょう。

 アメリカンエキスプレスカード

 JALカード

 楽天カード

 楽天プレミアムカード

 楽天ブラックカード
 
 
※楽天ブラックカードはインビテーションカードです。楽天カードから招待されると入会できる特殊なクレジットカードです。一般での申し込みはできません。
 
続いて、現地サポートについてみていきましょう。

個人手配カテゴリの最新記事