自由の女神をお安く予約できた方法。英語いらず。

自由の女神をお安く予約できた方法。英語いらず。

自由の女神の予約方法紹介します。ニューヨーク旅行の定番中の定番です。

自由の女神はリバティ島にあります

自由の女神はリバティ島にあります。フェリーでないと行けません。

フェリー乗り場は二箇所

フェリー乗り場は二箇所あります。

①バッテリーパーク、②リバティー州立公園 です。

メジャーなのは①バッテリーパークです。定番なのでこちらから行ってみましょう。

 

予約サイトはここ

STATUE CRUISES(スタチュー クルーズ)が扱っています。VELTRAなど他の日本のサイトからも買えますが手数料を取られます。せっかくなので本家のSTATUE CRUISESで予約してみましょう。

 

予約サイトはこちらです。STATUE CRUISES(スタチュー クルーズ)。
https://www.statuecruises.com/

 

あ、英語だ|ひるみました?

大丈夫!GOOGLE先生が日本語に翻訳してくれますのでご安心を!!

簡単翻訳ならブラウザ「Chrome(クローム)」

翻訳を簡単にしてくれるのは「Chrome(クローム)」です。

googleが運営するブラウザです。まだインストールしていない方はインストールしましょう。

「Chrome(クローム)」で翻訳する

先ほどの予約画面を「Chrome(クローム)」で開いてください。下記をクリックで開きます。

予約サイトはこちらです。STATUE CRUISES(スタチュー クルーズ)。
https://www.statuecruises.com/

クロームで開いたら画面下に「翻訳しますか?」と聞いてくれるので、もちろん『翻訳』ボタンをクリックです。

もし翻訳ボタンを押すのを忘れても大丈夫。上部のボタンを押すと翻訳するか聞いてくれます。

 

で、翻訳してくれたのがこちら↓

バッチリですね。では予約していきましょう。

3種類あります

3種類あります。
どれもフェリーで自由の女神へ行って、エリス島へ行って、元の港に帰ってきます。

  • リザーブチケット:自由の女神の島に行きます。自由の女神には登れません。
  • ペデスタル リザーブチケット:土台部分に入れます。自由の女神には登れません。
  • クラウンリザーブチケット:自由の女神の王冠部分に登れます。
  • (最新情報及び詳細はwebサイトを確認してください)

     

    我が家の予約の内容

    我が家は、リザーブチケットでバッテリーパークから出発する便を予約しました。

    8月14日の9:00の便を大人3人、子供1人の合計4人です。下記の画面で入力します。

    もちろん、GOOGLE先生が翻訳してくれていますよ。

     

    4人で64.5ドルでした

    大人3(うち1人は13歳)+子供1(11歳)で64.5ドルでした。

     

    ちなみに私が調べた7月23日時点では、ベルトラでは台座見学付きの「ペデスタル リザーブチケット」しかないようですので、大人1人57ドル、子供1人47ドルなので、合計218ドル。

    台座見学不要な我が家だと合計64.5ドルなので、ベルトラに比べて153.5ドルの節約になりました。

     

    実はオフィシャルサイトでは「ペデスタル リザーブチケット」も同じ金額です。ただし人気ですので予約はかなり早くしないと希望の時間に入れないようです。どうしても時間の制約がある場合、ベルトラなどの予約サイトを利用するのが良さそうです。

    途中で英語になっても大丈夫

    予約途中で英語表示になっても安心してください。

    我らがGOOGLE先生がしっかりと翻訳してくれます。さすがChrome!

    下のように英語になってしまったら、先ほどと同じように上部のボタンをクリック。

     

    しっかりと日本語に翻訳してくれます。

     

    おかしな日本語に遭遇しても焦らない。「細胞番号」?!=「cell number」。つまり携帯番号です。

    携帯番号は090 から始まる番号であれば、+8190 と書き換えましょう。

    例えば、090-1234-5678 なら +81-90-1234-5678 です。ハイフンをとって「+819012345678」と記入すればokです。

    予約完了したらメールが届きます

    予約完了したらメールが届きます。PDFファイルが添付されています。チケットですので印刷して持って行きましょう。

    バーコードがついているのでスマホ画面でもいけそうですが、念のため印刷して持っておくことをオススメします。

    ニューヨークカテゴリの最新記事