家族で海外旅行ならairbnbオススメです。ベッド4台、綺麗、快適!メリットデメリット・注意点

家族で海外旅行ならairbnbオススメです。ベッド4台、綺麗、快適!メリットデメリット・注意点

最初はドキドキ心配でした。
でも利用してみたらとてもよいサービスだったのでしっかりと紹介します。
 
やっぱりairbnb便利です。安全ですよ。
家族で海外旅行ならairbnbが断然オススメです!
 
(日本の報道では違法民泊とairbnbがごっちゃになってるようで。
 いや、ワザとごっちゃにしてたり?マスコミに騙されるな!)
 
 

これまで泊まったとこ

 
・フィレンツェで3泊
・ローマで3泊
 
いずれもairbnbでした。
2017年末にフィレンツェ。2018年正月にローマです。
アパートまるごと借りるタイプです。ホストと一緒にルームシェアではありません。
(家族旅行でルームシェアする度胸はありません・・・。)
 
アパートに着いたら最初にホストから部屋の説明を受けます。鍵のこととかチェックアウトのこととかエアコンやwifiとか。(あとで詳しく紹介します。)説明後、特に連絡事項などはないです。顔を合わせることもないです。でも宿泊後にレビューを書く必要はありますよ。
 

1)フィレンツェのairbnb

フィレンツェのairbnbはドゥオモ近くでベランダからドゥオモが見える部屋。レストランも近いし部屋はキレイで素敵で最高!
airbnbフィレンツェ
 
部屋キレイ!静か!

airbnbフィレンツェ

ベランダからフィレンツェの街が一望できます。大晦日は花火も見えましたよ

airbnbフィレンツェ ドゥオモがベランダから見えます

 
シンプルで明るい素敵なお部屋!引っ越したい!住みたい!住み着きたい!!
 

2)ローマのairbnb

ローマのairbnbはトレステヴェレというオシャレレストランが並ぶ新しいおしゃれスポット。一本大通りから入ってるので、人気スポットに激近ですが静かでした。近所のレストランが美味しくて3日間、通っちゃいました。ホストは帰りの空港までのタクシーの手配もしてくれました。
airbnbローマ トラステヴェレ
 
こっちはちょっと部屋がごちゃごちゃしてましたが、やっぱり素敵で快適!
ローマairbnb トレステヴェレ
 
近くのレストランも美味い!
トレステヴェレ ローマ レストラン トリュフソース
 
 
続いてメリットデメリットを見ていきましょう。

 

トラブル・事件

ぼくはありませんでした。
まずないと思います。何かあれば口コミに書かれてますし、評判落とすとそのホストは運営できなくなります。
ちなみに我が家は「まるまる貸切」タイプです。ホストとルームシェアの場合はプライバシー関連の問題があるかもしれません。でもやっぱり悪い口コミとかネットで炎上って考えると、深刻なトラブルや事件というのは考えにくいです。
 
日本人のブログや報道で、神経質というか期待しすぎというか、そういうのが原因と思われる不快感とか悪評とかを見かけることがあります。ぜひ純粋な目と耳で情報を精査してください。
世界中の人たちが利用しているお得で便利なサービスです。利用したもん勝ちだと思いますよ。

airbnbのメリット

ホテルとは違うので、人それぞれにメリットデメリットがあるとおもいます。
 
 
我が家でのメリットは、何と言っても
 
ベッドが4つ!ひとりずつ1台!
 
このニーズに合うアパートがあるということが最大のメリット!
ホテルでベッド4台確保しようと思うと、なかなか難しいですよ。なぜかホテルって4人だとクイーン2台で4人寝てくださいって設定がほとんどですよね。2人で1台のベッドじゃ疲れ取れん!!
 
で、エクストラベッド入れるか2部屋借りることになります。
 
2部屋だと高いし、家族別々になるので不便だし楽しくないし。
 
 
そこでairbnbです!
 

 
ベッドの数で検索できるのでとっても便利!
写真や説明文や口コミから、我が家に合うアパートを決めます。このときって楽しいですよね!
しかもホテルでない一軒家やアパートを借りるので、まさに引越し感覚。イタリアで部屋探ししてる気分になりました
 

デメリット

・・・ないかな?
 
強いて言えば、ホストが一般の方なので深夜のチェックインは迷惑かけてしまうので、そういう気遣いの必要があるとこぐらいかなと。
 
最近はスマホを利用したオートロックでセルフチェックインという方法もあるようです。これなら深夜でも問題なし。
 
次のカナダ旅行はセルフチェックインが利用できるアパートを借りる予定です。
 
 

安全面について

我が家のように一軒家やアパートの「まるまる貸し切りタイプ」の場合、ホストとは最初に会うだけなので、特に安全面の不安なども感じませんでした。
 
ホストも悪い口コミが載ると借り手がなくなるので、とても運営に気を使っているようです。なのでホントに安心できます。
 
まだ新しいサービスなので善良でしっかりした方がホストをしていて、宿泊客も危険回避や情報収集能力の高い人たちが多いのでしょう。この先、多くの方が利用し始めると様々な問題が出てくるかも。
今のよい時期に慣れておいた方がいいと思います。
 

言葉について

ホントに簡単な英語で大丈夫。困った時はgoogle翻訳で何とでもなります
 

チェックインでの会話

ちなみにイタリアのこの2件は、イタリア語ではなく流ちょうな英語での対応でした。
出迎えてくれたのはホストではなく、チェックイン担当の方でした。
フィレンツェでは自転車に乗ってきたおしゃれイタリア男子。ローマは小柄でスリムな美人イタリアガールでした。
ぼくはもちろんカタコト英語ですが、身振り手振りで難なくクリアでした。
 
会話の内容は、
鍵の開け方、ゴミの出し方、wifiの設定、チェックアウトの仕方、緊急連絡先、洗濯機の使い方、エアコンの使い方、空港までのタクシー手配
でした。
 
ホストも慣れてるので説明うまいし子どもの扱い慣れてるしで、ホントに良かったですよ。
 

airbnbアプリのショートメッセージ(受信トレイ)

タクシー(エアポートリムジン(大型のタクシー))の配車のときは、ホストとairbnbのショートメッセージでやり取りしました。アプリ内の「受信トレイ」という機能です。(メールの受信トレイと紛らわしいので、この記事では「ショートメッセージ」と言うことにします)
 
airbnbのショートメッセージすごいです。何と翻訳機能があります。ホストは英語が苦手なようで、イタリア語オンリーのショートメッセージが。
で、日本語に翻訳するとまぁそれなり。英語に訳した方がわかりやすかったので、こちらは英語に翻訳して、英語で返事。ホストは英語をイタリア語に翻訳してイタリア語で送信。いくつかハッキリしないところがあったけど、言い方を変えて何度かやり取りする事でしっかりお互いに理解できました。
最近のテクノロジーはすごいですよ!
 
お陰で、スーツケース3つが楽々乗る、4人家族が空港に行くサイズの大型タクシー(エアポートリムジン)を手配してもらえました。しかも時間にルーズと聞いているイタリアで、5分前にアパート前に来てくれました。
素晴らしい!
 

それでも心配なら「ほんやくコンニャク」

それでも言葉が心配な方にはドラえもんでおなじみの「翻訳こんにゃく」をオススメします!
と言っても冗談ではなくって、ほぼ「翻訳こんにゃく」が実在するんですよ!
しかも楽天で買えるんです。
 
ili(イリー)オフライン翻訳機
一方向の翻訳機です。wifi不要。
旅行にはバッチリだと思います。旅行だと「依頼」や「簡単な質問」なので、相手はそのものを「指差し」たり「身振り手振り」で表現可能なことが多いです。
なので双方向の必要はあまりないですし、wifi不要なので便利です。
 

 
もう一つは
POCKETALK(ポケトーク)です。
こちらは双方向。wifiが必要です。
じっくり会話が必要な時はこちらが良いかも。
ただしwifiが必要です。
 

 
 
続いてチェックインとチェックアウトでの注意点です。
 

チェックインについて

事前にチェックインの時間を知らせます。1日前にairbnbのアプリで連絡します。
当日、ホストかホストの代理人が待ってくれてます。
 
挨拶して、部屋へ入ったら、先ほどの通りで、
鍵の開け方、ゴミの出し方、wifiの設定、チェックアウトの仕方、緊急連絡先、洗濯機の使い方、エアコンの使い方、空港までのタクシー手配
などを教えてくれます。
 
ホストも慣れているので、こちらが言葉や習慣でわからないことがあったら丁寧に教えてくれます。
 

税金

ちなみに、イタリアは宿泊税をチェックイン時に現金で支払うので、このホスト(または代理人)に現金で支払います。
宿泊費はアプリで支払い済みのはずなので、ここでは支払う必要がありません。
 

パスポート

パスポートの写真を撮られる場合があります。本人確認のためなので、指示通りにすればOKです。基本的に心配する必要はありません。おかしな口コミを書かれるとホスト自身が不利になるので、心配しすぎる必要はないです。普通に用心しておけばいいでしょう。
 
 

チェックインで絶対に確認しておくこと

ローマ・フィレンツェで、習慣の違いを感じました。日本と違う可能性があることを書いておきます。
ここは必ずチェックしてください。
 

1)ドアノブ

ドアの外側にはドアノブがありませんでした。
カギ穴だけです。カギがドアノブというか取っ手代わりです。
 
つまり、カギがかかってなくても、ドアノブがないのでカギがないと開けることができません。
不用意にカギを持たずに外へ出ないようにしましょう。
もう入れませんよ・・・スマホも持ってなかったらホストへ連絡もできず途方にくれることに。
 

2)カギ

今回のアパートだけかもしれませんが、カギの開け方がちょっと違いました。
日本のカギって180度回すと開いたり閉まったりするものが多いですが、イタリアは360度でした。
そしてめっちゃ固い場合も。ちょっとドアを押してカギを回さないといけないこともあります。(多分、施工が悪い)。
 
なので、ホストがいてるときに、一度試して見るのがいいです。
フィレンツェのホストは、一度試してみろといってぼくにカギの開け閉めを練習させました。とても親切な行為だと思います。
 

3)ごみの出し方

フィレンツェとローマの場合、家庭用ごみは通りにあるゴミ箱に捨てるようです。
 
1件のairbnbだけの経験なので、他も同じかはわかりませんが、日本もゴミ捨てって難しいですよね?ホテルならごみはホテルが片付けてくれますが、airbnbの場合長期滞在される人も多いので、ごみを宿泊者が処理することも多いようです。
フィレンツェでは知らなかったので、3泊分、そのまま部屋においてきました。一応あとで、その旨ショートメッセージで聞いたところ「オッケー」との返事でした。
ローマでは毎日8時までに通りの向かいのゴミ箱周辺に置いておくように言われました。
 
 
レビューを書くのも忘れずに。
続いてレビューの書き方と先進国以外の情報です。

個人手配カテゴリの最新記事