【パリ家族旅行術#27】ハムラビ法典攻略!

【パリ家族旅行術#27】ハムラビ法典攻略!

【パリ家族旅行術#27】ハムラビ法典攻略!

これ何かわかる人!

ルーブル美術館内、探しましたよー、それは「本」だと思ってました💦
「本」だと思ってたら石柱でした。

そりゃ見つからないわ(笑

これ、ハムラビ法典(ハンムラビ法典)です!!!

「目には目を」歴史で習いましたよね😊なんとこんな石柱でした💦
本じゃない!!石柱!💦

紀元前1792年から1750年にバビロニアを統治したハンムラビ(ハムラビ)王が発布した法典。

だそうです、ウィキペディア先生のご助言。


現代では、「やられたらやりかえせ」の意味で使われたり、復讐を認める野蛮な規定の典型と解されたりすることが一般的であるが、「倍返しのような過剰な報復を禁じ、同等の懲罰にとどめて報復合戦の拡大を防ぐ」すなわち、あらかじめ犯罪に対応する刑罰の限界を定めること(罪刑法定主義)がこの条文の本来の趣旨であり、刑法学においても近代刑法への歴史的に重要な規定とされている。

と、これまたウィキペディア先生は教えてくれました☺️

てなことで、
うちの子はハンムラビ法典が石柱だということを知ってるインテリ子です(笑

ゲームもいいけど、しっかり活かせよー!💦

お得なキャンペーンはこちら

パリカテゴリの最新記事